まず「食事制限」

私が後3キロでダイエット達成ならば、まず「食事制限」でしょうか。一日の食事を二回置き換えダイエットに切り替えてしばらく頑張って見ると思います。

ですが、食事制限でそこまで痩せた方なら、もう食事制限ではやりたくないかも知れません。

そんな方には、お風呂であ一杯汗をだし半身浴ダイエット等がおすすめかと思います。しっかり水分を摂りながらやれば問題はさほど無いかと思います。

知り合いが半身浴ダイエットを毎日やって見事に、体重を減らしました。身体から老廃物まで出し、毛穴から汗が出ので身体の中からキレイに痩せられると思います。

2Lサイズから卒業し、Lサイズが着れるようになりたい。

私の今現在の体重は59㎏、身長は155㎝。いかにもチョビおデブなのですが、これが微妙にLサイズが入らず、たいていいつも泣く泣く2Lサイズを買うことになります。あと3キロ痩せたいし、本当に3キロ痩せれたら、念願のLサイズが着れるようになります。

Lサイズと2Lサイズは、2枚を合わせて見ると微妙にしか違わないみたいなのですが、実際着てみると、その微妙なサイズの違いが、着る側にとっては歴然とした違いがあります。

それにM、Lサイズの服は、良いデザインで可愛くて私好みがたくさんです。だけど2Lとなると、なんだか年配っぽいのが多く、服を買いにいってもなかなか買いたい服がみつからず、買わずじまいになることが多々あります。

Lサイズが着れたら、おしゃれがたくさんできますし、働いてお金を稼ぐのも楽しくなるし、その稼いたお金で洋品店でお買い物をするのが楽しみになります。Lサイズのお気に入りの服を来て、映画にももっと行きたいし、ショッピングセンターのベンチでアイスを食べたい。

それから人と会ったときに、今よりきっとたくさん笑って会話ができます。

1週間ジョギングを頑張る

あと3キロやせるなら、私は1週間ジョギングをします。3キロ必ず痩せるなら、頑張れる気がします。いつもダイエットは三日坊主の私ですが、必ず3キロ痩せられるというなら、1週間ジョギングを続けることが出来ると思います。

30代を過ぎたあたりから、だんだんと体重が落ちにくくなりました。若いころなら、1食抜いただけでもすぐに体重が落ちたし、ちょっと運動をしたらすぐに体重が落ちたりしたけど最近は、食事の量を腹八分目にしても少しも体重は落ちないし、ちょっと運動したくらいではなかなか体重が落ちません。

つらい苦しい思いをしてダイエットを頑張っているのに体重が落ちないと、ガッカリしてダイエットをやる気がなくなって全然長続きしません。
でも、必ず3キロ痩せられるというなら、仕事に行く前に毎朝30分のジョギングを1週間なら必ず続けられる自信があります。

そして、3キロ痩せることが出来たなら、その貴重なマイナス3キロを大切にキープします。

なかなか痩せないお腹周り

テレビや雑誌でモデルや女優を見るたびにダイエットを決意しますがなかなか続かず、そしてお腹周りはどうしても痩せにくく困っています。
どちらかと言うと上半身デブなのでパンツを買うときはウエストに合わせると脚の部分がダブダブでみっともありません。

友人にたまたまお腹を見られてしまい、脚は細いのにお腹は意外とあるねと言われてしまいました。
なので服装はワンピースばかり着ています。
お腹を目立たないようにすれば何とかなるからです。
腹筋は頑張っても30回ほどしかできず続きません。

ダンスDVDもあれやこれやと試しましたが、ウエスト部分には多少効果が見られますが下っ腹部分は全く減らずガッカリです。
試しにお腹周りをはかるとメタボ寸前の数字でした。

これは本当にマズイので水着は着れないしこれから夏が来ると言うのに海やプールへは行けません。
Tシャツを着るのもお腹周りが気になるので小さ目のTシャツは着れません。
この段々としているお腹周りのお肉をどうしたら良いのかが悩みです。

あと3キロ痩せた時の他人から見た私の印象は?

3キロという数字は、人それぞれの現在の体重によっては、大変微妙な数字だと思いますが、その反面、3キロ痩せたとしたら、他人の目からはどのように映るのかと、興味深いのも事実です。

例えば、肥満タイプの方の3キロ減は、少しお化粧方法でも変えたかな。
又、スリム体型の方ならば、どうしたの。病気なの。位の差があるのが現実の他人の目なのだと思っています。

とにかく、3キロの体重を落とす事がいとも簡単に出来るのは、30歳代そこそこの人までだと痛感しています。

私のような高齢に向かう者にとっての3キロの道のりは、大きな山を幾度も登っては降り、登っては降りの繰り返しで、たやすい事ではありません。
これをこなして、産後の復帰をされる芸能人のお姿を見ると、はあーやっぱりプロ意識が高いな!と妙に感動しています。

現在の私は、体重的には、問題の無い範囲にいると思っていますが、多分3キロの山を越える事は、一日の食事分を3日程度に分けて摂る位の根性がなければ到底無理な年齢になっていると思います。
心の中では、いつもせめて1キロでも痩せてくれたら、顔の顎にも、もっと鋭利さがでるのではないか、ましてや3キロ痩せるとしたら、私は他人の目にはどのように映るのか知りたい。

との欲望だけは持っているという図々しさを捨てきれずにいます。

夕食後、次の食事まで12時間以上あける

私が独身時代、自然に3キロ落とした方法です。
リバウンドとか一切ないです。

やり方はとても簡単。3つだけです。
1つ目は食事の時、必ず汁物を一緒にとること。
2つ目は食べ順を汁物→メインの食事のすること。
3つ目は朝食を食べる時は前日の夕食から12時間後以降にするここと。
これだけです。
あと、できるなら睡眠を沢山とること。

これを習慣化したところ、体重が3キロくらい自然に落ちました。
そしてそのままキープです。
食べる量は特に変えていなかったのですが、
できるだけその日の最後の食事から次の日最初にとる食事の間の時間を
平均して14時間くらいは開けるようにしていました。

空腹の時間が長ければ長いほど
自分の脂肪を分解してくれると聞いたことがあって、実践していました。
本当かはわからないですけど、結構胃腸にもよかったみたいでお腹を壊すことも少なくなりました。

当時は自分だけの生活スタイルだったので簡単にできましたが、
今では結婚して家族に合わせた生活スタイルになった為
こんなに時間開けられないのが残念です。
即効性はないけど、2ヶ月くらいかけて徐々に体重が落ちていくのでおすすめです。

一番効果があったフラフープ

私のダイエット人生は、本当にジェットコースターのようでした。
90キロあった、体重を55キロ迄落としたときはあと3キロで良いから痩せたいと言う気持ちで、とにかくお風呂に入って汗をかき、お風呂の中では余ったぜい肉を塩揉みして、無くなれ脂肪!と念を送ってました。
しかし、なかなかあと三キロが減りませんでした。

最終的には、スリムになる下着やら、靴下やら色々試して毎日つけていましたがそれでもなかなか落ちず、一番効果があったのは、真夏にサウナスーツを着て、フラフープが効果的でした。
最初は全く回せなかったけれど、毎日毎日時間があれば回し続け、気付いたら30分以上まわせるようになりました。
気づけば体重も落ち、お腹にもクビレが出来てお腹がペッタンコになりました。

それから五年経ちますが、あれから毎日続けていれば維持出来たのだと思いますが、目標のあと三キロ達成に満足してしまい、フラフープなどのダイエットを止めたとたんにリバウンドしてしまいました。
さすがにもう一度痩せないとと、一ヶ月前に決断し、フラフープダイエットを始めました。
今のところマイナス3キロで、これからもまだまだ続けていくつもりです。

ハードな事はせず、コツコツとした事でリバウンド防止

あと3キロ痩せれば、理想体重。
この間テレビをみてたら、痩せるため1キロの肉の模型を持ってる方がいました。
1キロってだけでもかなり大きく、これがあと3つとなると相当な量です。
そんなものが身体についてるの?と疑わしく思ってしまう程です。
こうやって模型でも何でも目にすると、イメージがつきやすいですね。

3キロと言えど、断食やジム通いはしなくてもいいような気がする。
まず、食事から考えて夕飯は炭水化物抜きで18時以降は食べないようにする。
私は痩せやすく太りやすい体質なので極端なのですがこれで一日マイナス1キロになったりします。(維持できないけれど…)

そして無駄な運動。
運動というか、どんな事も無駄ってぐらい動くのです。
台所に二つの用があったら、一回ずつ行ったり、ともかく往復。
一回で終わらせないようにします。

料理中や、歯磨き中、外で煙草を吸ってる時は立ち仕事みたいなもんなので、作業しつつつま先立ち⇒踵つけるを繰り返す。(はじめてやると筋肉痛注意)

そして極めつけが徒歩20分のところまでは徒歩で行く。
実際痩せる効果がある行動なのかわかりませんが、何もしないよりはマシですし、気持ち的にも変わります。

飲料は必ず水。
お菓子は早い時間に食べるようにします。
豆腐料理をよく食べるとヘルシーだし、代謝も上がっていいと思います。
ハードな事はせず、コツコツとした事でリバウンド防止。

あと3キロ痩せるとしたらオシャレ感も変わりそう

あと3キロの体重を落とす事が出来たとすると、例えば、9号の洋服のサイズが7号になるという事が怏々にあるわけですが、それだけで喜ぶのではなく、どこが痩せて体重が減ったのかという事のチェックが必要です。

私の場合は、太り気味の時に、一番痩せて欲しかった顔は最後で、一番早く落ちたのは腹部周りでしたが、人によっては、真逆のパターンもあって、上手く自分の希望通りの痩せ方は、なかなか出来ません。

その為に、他人の目から見れば、がりがり状態の人でも、実はウエストはくびれが無いので、お腹周りの肉をもっと取りたいと、日々、ダイエットに励んでいる人も少なくはありません。
そこで、万一、3キロの体重を落とす事に挑戦するとしたら、全体の体型を観て、どこに焦点を当てて痩せると良いのか、オシャレがより楽しくなるのかを知る事から開始した方がよさそうです。

これを機に、時間を要しますが、私も諦めずに、顔のシャープさを求めて、今まで以上に、マッサージをしようかなと思いました。
顔がシャープになれば、髪型も変わり、好みの服装にも変化が現れ、それと共に、自分なりのオシャレ感が変わりそうな予感がしています。

あと3キロ痩せるなら低糖質ダイエット

あと3キロ痩せるなら、低糖質ダイエットが手軽でお勧めです。

低糖質ダイエットは、普段の食事の中から、
炭水化物を含む糖質を摂取する割合を減らすというもので、
短期間で高いダイエット効果を得ることができます。
ちなみに糖質を含む食品以外については、
過剰に食べ過ぎるようなことがなければ、特に制限はありません。

個人差もあると思いますが、私や周囲の友人のケースだと、
3キロ程度であれば、1ヶ月程度で痩せることができるように思います。

糖質は、炭水化物のみならず、
イモやカボチャなどにも多く含まれるので、
どのような食品に多く糖質が含まれるのかを調べたうえで、
ダイエットを実施することをお勧めします。

とはいえ、糖質は人間が生きるのに必要な栄養素の1つでもあるので
全く摂取しないというのはとても危険です。

夕食のみ糖質を減らす、
もしくは、朝食だけはしっかり食べて、
他の2食は糖質の摂取を制限するなどのルールを決めて
最低限の糖質は摂取した方が良いと思います。

体重が目標値をクリアした後、急に食事を元に戻してしまうと
たちまちリバウンドをしてしまいます。
ちょっとずつ様子を見ながらゆっくりと、
糖質を摂取する割合を戻していくことをお勧めします。