和風の食事でたまには好み献立

パンツやスカートのウエストがぴったりでもうちょっとスリムと思う時には、食事のおかずメニューから考えます。
体重が増えたと思う要因を考えてみるとお肉で脂肪分の多いメニューだったりとか、別腹などと言いつつデザートも食べていたりしました。

お腹が空いていて気分が向くとはいえ、一回の食事量のカロリーは結構なもので午前と午後のおやつも欠かせないタイプ、これでは数キロ増える食生活です。
この状態からスリムと考えて1キロや2キロ持ち直すと此処で食欲アップになるんですね、気持ちが緩むというものでキープできる和風の食事スタイルがいいと思いました。
洋風の献立は夕食やランチにするといいボリューム感やジューシーで、たまには良いですがハンバーグやロールキャベツ、イタリアンのパスタもカロリーを考えると体質に合った和食。

メインにお魚としたら煮物とかちょっとした野菜メニュー、一週間こういう献立で毎日ではないですが2日や3日で続けていくのがポイント、習慣づけは健康的だしスリムになるのが自然、洋風に食欲が湧いたら一皿分の量を調整、よい味や風味で満足感にします。

痩せられそうで痩せられない大きな壁

3キロ、と聞くと簡単に痩せられそうな数字に感じる人が多いかもしれない。たとえばネット広告等で見かけるダイエットサプリや酵素ドリンクのダイエット実践の結果として「マイナス7キロ!」など、3キロは確実に痩せられそうな数字に感じられる。

しかし、サプリやドリンクを使わない、運動や生活改善による3キロのダイエットは簡単ではない。

健康的に3キロ痩せるなら、理想的な生活スタイルへの生活改善、運動、食事制限が求められるだろう。
プロのトレーナーさんについてもらって1ヶ月がんばって、やっと3キロ痩せられるぐらいではないだろうか。
脂肪を落としつつ筋肉をつけて基礎代謝をあげるダイエットは、3キロ以上分の脂肪を落とすことが必要だ。

一定以上の急激な減量は身体によくないとされていることから、あと3キロやせるためには最低1ヶ月、少しずつの減量でがんばるしかない。
痩せられそうで痩せられない、そして意外と身体も大きくかえることができるのが3キロ痩せることだと考えられる。

痩せて綺麗な服を着る

もし私が3キロ痩せるためにするならば、先ず痩せたらしたいことを考えます。

それは綺麗な服を着ること。
やはり痩せればそれなりに着れる服のジャンルの幅が広がるので私は綺麗な服に出会って着てみたいと願います。

では、行動にうつしますが、先ずは日頃の改善ですね。

間食は控えめに、食べるとしても栄養価の高いものをとる。
間食の代表、チョコ、パン、ケーキ、どれも誘惑に負ければ手を伸ばしそうですが、伸ばしそうな手をおさえてナッツ類を食べます。
ナッツ類は高カロリーですが、一粒一粒が歯ごたえがあるので少量で満足感が得られると思います。

食べるといえば、朝昼晩の食事。

こちらもダイエットに良いとされるものは取りたいですが、自分としては好きなものを食べたいので、好きなものとダイエット目的のものを取ろうと思います。
例えば、から揚げと大盛りのサラダや豆腐ハンバーグとか、いいかもしれません。

そして最後にはずせないのが、運動。

一番負担のない運動と言えば、ストレッチや散歩ですよね。
ストレッチで体を柔らかくし代謝を上げ、散歩で脂肪燃焼。
きっと誰でも出来るのではないかと思います。

以上が私がもし3キロ痩せるならばすることです。
是非、参考にしてみてください。

絶対に運動は嫌

私が3キロ痩せるのならば絶対にきつい運動はしません。
毎夕食をカロリーの低くて満足感のあるものに変えて朝と昼はしっかり食べます。

また運動しないといっても何も気をつけない訳ではなく、日々の生活では歩き方をに気をつけたり、歩ける距離は歩く、エレベーターエスカレーターを使用するのではなく階段で上り下りしてみるなど小さな積み重ねを大事にしていきたいです。
またホットヨガなどを趣味にし、生活に取り入れていくことで体幹を鍛えて基礎代謝をあげてゆく方法を取り入れます。

私は今まで劇的なダイエット成功はしたことがないのですが、その一つに見た目重視なだけがあります。体重計を使用していないので自分がどれくらい痩せたのかそれは自分の目でしか決められません。数字になってしっかりと結果や成果かわかればモチベーションもあがりダイエットに対する意欲が変わってくるのだと思います。まず食事制限というより体重計を買うことから私は始めるべきだと思います。

手作りお弁当で体重3キロ減!!

あと3キロ痩せるために、私は「手作りお弁当によるカロリー削減」を実践し成功しました。

それまでの仕事の日における昼ご飯は、主に外食やコンビニ弁当、社内食堂を利用していました。しかし、万人受けするためでしょうか、どれも味付けが濃ゆかったです。そして煮物のような胃に優しい料理はなく、揚げ物中心のメニューが多いです。でも出されたものは全部食べてしまいますよね。

結果的に摂取カロリーは家庭料理よりもはるかに高かったと思います。
仕事のストレスで痩せるだろうと思っていたのですが、高カロリーのものを食べていたら到底無理な話です。

そこで私は摂取カロリーの削減のために昼ご飯を手作り弁当に変えました。自分で使用した食材や調味料も把握できるので、カロリーを調節するにはやはり手作りが一番いいと思います。ちなみに私は必ず塩麹に漬けた食材を調理したものを一品入れていました。発酵食品は体内をきれいにすると聞いていたので、食材を漬けて焼いたり煮たりするだけだったので継続しました。

無理な食事制限をしたわけでもないので、ダイエットに対するストレスも特になく、ゆるやかに3か月で3キロ落とすことができました。手作りは健康上にも、またお財布にも優しいのでお勧めです。

本当にその数字は必要ですか?

「夏までに3キロ痩せる!」「あと3キロ落としてメリハリボディに」等々、雑誌やテレビ番組で良く見かけるフレーズですが、私はいつもこういった言い回しに疑問を持ってしまいます。

ダイエットをする人の身長は?現在の体重は?メディアは簡単に3キロ、と具体的数字を出してくるけれど、それってどこから出てきた数字なのかな。若い女の子たちが痩せなきゃと言い合っているのは単なる話題の一つに過ぎないのかもしれないけれど、体重さえ減ればよいというその考え、むやみに広めないでもらいたいなというのが本音。

だって、ダイエットは第一に自分の体質や体形、なぜ太るのかを知ることが大事だと思うから。

甘いものや油ものの食べ過ぎで運動不足、脂肪がたっぷりついたタイプの子であれば、本当に3キロ、場合によっては5キロ以上痩せる必要があるのかもしれない。でも、街を歩いている女の子の大半は、3キロも痩せたらフラフラになってしまうと思う。脂肪よりも筋肉が重いっていうこと、みんなわかってるのかなぁ。しっかり運動して引き締まった身体になれば、体重はダイエットに取り組む前とそんなに変わらないはず。

でも、鏡をよく見て!以前より洋服をかっこよく着こなせてる自分の姿があると思う。重要なのは、何キロ痩せたかじゃない。自分が理想とする体形に近づくためにはどうしたらいいか。まずはそこから考えてほしいです。

今よりも3キロ痩せていた時代

3キロやせたらきっと腰痛や、膝の痛みが楽になるなあと思いながら仕事は帰りが遅く、夕ご飯をたくさん食べてしまい後悔しきり。
夫や娘がお菓子を食べていると一緒に食べてしまう。

これでも5年ほど前は一キロほど歩き、カーブスという女性専門のジムに行き、今よりも3キロ痩せていました。
そのため、体も軽く、もともとあった腰痛も軽くなっていました。

転職してからカーブスに行く時間もなくなり忙しくなって、ストレスもたまり過食になりました。
あっという間の3キロ増。

腰痛もひどくなりますます動けない所に、膝の痛みもでてきたらますます動けなくなりました。

お腹とお尻の肉が物凄くて。ウエストのくびれもなくなりました。
運動しなくてはならないと思っています。

でも、なかなか痛いところがあると、辛いし、お菓子もやめられない。
でも真剣になって取り組まないと腰痛が悪化してしまう。
少しずつでも、やっぱりダイエットしよう。

あと3キロ痩せるなら下半身!

夏に向けて、どうしてももう少しお肉を落としたいです。ダイエットを始めて半年経ちましたが、今のところ3キロ痩せました。主なダイエット方法は、運動です。

基本的にフィットネスに足を運んでいます。週に2回、エアロビクスなどの有酸素運動を取り入れて、体重を落としてきました。体重は、上半身の胸の近くから落ちたように感じています。胸とウエスト周りは、スリムになったように思います。

もし、あと3キロ痩せるなら下半身を中心に、お肉を落としたいです。どうしても、下半身のお肉が落としにくいです。もともと足がむくみやすい体質で、下半身のお肉は、つねに硬い気がします。そういったことも関係しているのかもしれません。あと3キロ痩せたら、だいぶすっきりするし、体も軽くなると思います。あと3キロの壁をどうにか越えたいです。

フィットネスに通いつつ、下半身ダイエットを検討中です。夏までに、あと3キロマイナスを目標に頑張りたいと思います。

カロリーコントロールが3キロ痩せるカギ

1キロ痩せるためには、約7,000kcalを消費する必要がありため、3キロ痩せるためには、その3倍のカロリー消費が必要となります。
食事ならカロリー計算を行えば1日の食事の総カロリーを算出するのもたやすいので、自分の現状のエネルギー消費に合っている分だけに留めるよう、メニューを組み込むと良いでしょう。

運動もそれぞれ消費カロリーの目安を参考にして、1週間に2日は運動する時間を取ることが推奨されているため、その頻度を保つと良いでしょう。
スケジュールに毎週スタートする時間・運動の内容・運動を行う時間を決めて記入しておくと、うっかり忘れてしまうことも防ぐことができます。

ダイエットはともすると孤独な作業になりがちで、継続するのが困難になることもありますが、そうならないためには、記録を取ることが有効です。
最も手軽なのはスマホのアプリで、体重管理やカロリー計算などを自動で計算してくれる仕組みとなっているもので、ぱっと見た時に分かりやすいグラフ表示機能がついていたり、ダイエットをサポートしてくれる機能がいろいろとついているタイプがおすすめです。

8月末までにあと3キロ痩せたい

8月末までにあと3キロ痩せたい・・・!

ということで、あと3キロ!について色々考えてみました。

 

【あと3キロ痩せるために】

  • ①ウォーキング→スロージョギングに変えていく
  • ②食事内容の見直し
  • ③楽しい趣味をつくる

 

まず①のウォーキング→スロージョギングに変える、ですが、私は現在週の半分以上は少しでもウォーキングをするようにしているのでそれをスロージョギングに変えたら少しだけど運動量のアップになりそうなので少しずつ変えていけたら・・・?

運動ゼロの人はまず週3くらいで十分なので30分くらいのウォーキングをはじめることをおすすめします。

 

②食事内容の見直し
食べてないつもりでも色々と食べているものだったり・・・
朝食べたものが思い出せなかったりするんですよね(+o+)
無意識に食べていることが多いんです(+o+)

一番てっとり早いのはレコーディングを始めることでしょうがどうしても面倒ですよね(+o+)

なので私はまず『野菜料理を1食につき1品必ず摂る』ことを初めてみようと思います。

忙しいとメインだけで済ませてしまったりすることも多くなるので野菜料理を増やして、メインなど高カロリーのものをその分少し減らせればと思います?

 

③楽しい趣味を作る
楽しくて打ち込めることをしていればオヤツがなくても気にならないからです!笑

ボーっとしてると口さみしくなってオヤツを食べるしそれを我慢!と思うとつらいだけなのでなんでもいいからリビングを離れて楽しいことをする。

→無意識にオヤツから離れられるし時間も充実する。
これで食べ過ぎ防止&充実の時間が作れます!

 

そしてそして最後は
【あと3キロ痩せたらしたいこと】

 

①ズボンの試着に行く!
定番のユニクロではありますがおなか、へこんだかなー?足、細くなったかなー?と確認しに行きたいです。

②輪郭を隠さない髪型に挑戦!
今は常に輪郭を隠すような髪型なので思い切って髪を全部アップにしたりして。
いろんな髪型に挑戦したいです。

夏真っ盛り!ダイエット!
楽しい夏にするため、やりきりましょう☆